06-02 2015   03:54:51
   

Avazu Mobile DSPが米Smaato DSP収益ランキングTop5を2四半期連続ランクイン!

近日、モバイル広告サービスを運営する米Smaato 社は、Avazu Mobile DSPがSmaatoのAPAC地域におけるDSP収益ランキングTop5を2四半期連続ランクインされたことを発表されました。

2014年末に、Smaato社は世界140社以上のDSPプラットホームと業務提携をしました。2014年第4四半期 、および2015年第1四半期の売上高によると、APAC地域においては、Avazu Mobile DSPは5位入りで、非常に実力が見えます。Avazu Mobile DSPは、世界をリードする広告取引プラットホームを20個以上とドッキングしていて、そのうち、Smaato社が一番消耗するプラットホームとなっています。尚、Smaato社の関係者によると、全世界のランキングから見ればも、Avazu Mobile DSPがTop10入りで、業界をリードする地位を占めています。

「Smaato様はAvazuの長年にわたる重要な提携パートナーとの良好な関係のおかげで、Avazu Mobile DSPが業界をリードする地位を占めているのは、非常に光栄です。Avazu Mobile DSPは、広告主、およびエージェンシー目線で、ユーザからのフィードバックを考えながら、システム全体を改善しつつあります。それも、Avazu Mobile DSPは数千の常連顧客を獲得できる理由の一つ。」と、Head of Avazu Mobile DSP Eva Huangがコメントしました。

2009年10月にAvazuは世界初の広告取引プラットホームのRight Mediaでリアルタイム広告取引を行いました。また、AppNexus、およびGoogle Adxでは取引座席も保有していました。2012年初、Avazu DSPはアジア初のDSPとして正式デビュー。AvazuとSmaato社との業務提携もその時点で展開し始めました。2014年7月にAvazu Mobile DSPサービスが正式開始、Avazu Mobile DSPプラットホームで登録された世界からの良質な広告主の中には、ブランド広告主がたくさんあります。

「疑問なくAvazu様はAPAC地域において最も成長の早いDSPの一つ、当社Smaatoが新しく導入されたビデオ、およびネイティブ広告パブリッシャーチャンネルは、Avazu様に利益の最大化を図れることを我々は信じております。」と、Smaato CEO Ragnar Kruse氏が語りました。

Avazuは、広告主、およびエージェンシーに、サードパーティクリエイティブのアップロード、Beacon URL、リアルタイムレポートやサードパーティトラッキングツールなど、より多くのサービを提供します。アプリとモバイルゲームのグローバルプロモーションの他、Avazu Mobile DSPのホワイトラベル機能のおかげで、カスタマイズ可能のランディングページが有効にエージェンシー様のブランドイメージを構築できます。