03-24 2015   02:54:51
   

Avazuグローバル広告事業がA株上場 A株の広告事業の資本化最大取引を記録

2015年3月24日、Avazuグローバル広告事業全般はDalian Kemian Wood Industry Co., Ltd.(証券コード:002354)に加入され、20.8億人民元の株式評価額となっています。これで中国のインターネット広告業界における、A株の広告事業の資本化の最大取引を記録しました。取引後、Avazu起業者兼CEOの石一は、Kemian Wood Industryの8.55%の株式を保有し、Kemian Wood Industry の株主となっています。

Avazuは2009年に設立され、プログラム化された広告テクノロジーによって効果マーケティングを展開して、技術開発、およびサービス革新という2つの面から提携パートナーに世界一流のサービスを提供しています。Avazuのオンライン広告取引プラットフォームのAvazu Private Exchange、Avazu Mobile DSP、およびクロスデバイス、かつクロスメデイア広告効果追跡最適化シスレムのAvazu Trackingは、先端的な精密ターゲッティング、個人趣味・行動リターゲティング、および媒体購入技術を使って、また、グローバル市場の広告リソースの元に、先端的な機械学習技術、およびビッグデータサーポートを踏まえて提携パートナーに全面的な総合ソリューションを提供します。現在、Avazuのグローバル広告事業は、日次で250億のインプレッションを突破し、そして、これら広告主はフルセルフ式で広告リソースに対してRTBを行われる。

Avazu起業者兼CEOの石一は、「Avazuの広告事業は上場会社の元に独自運営を展開します、また、上場会社自体、および他の姉妹会社のリソースを統合して、引き続きにお客様に効果的、正確的、かつ高品質なプロダクト、およびサービスを提供します。今回の戦略的資本注入を通じて、我々は、強者連合、また、優位性の相互補完を達成し、No.1インターネットプラットフォーム型A株上場会社を目指していきたいと思います。」と、コメントしました。